問診票ダウンロードはこちら

皮膚科

仙川駅前すずきクリニックの皮膚科(皮フ科)

肌荒れ

こんな症状はご相談ください。

汗疹(あせも) にきび アトピー性皮膚炎 虫刺され じんま疹 口内炎 水虫 爪白癬(爪の水虫) 帯状疱疹 口唇ヘルペス 化粧かぶれ 肌あれ 円形脱毛症 深爪 やけど アテローマ(粉瘤、おしりや脇や背部にできやすいいわゆるおでき) 掌蹠膿疱症 いぼ(液体窒素治療) 稗粒腫 うおの目 お子様の皮ふトラブル 水いぼ ウイルス性の病気(風しん、はしか)


アトピー

 アトピー対策で大切なのは、第一に皮膚の乾燥を予防することです。
 日本は衛生面が非常にすぐれていますから、毎日お風呂で身体を石けんをつけて皮膚をこすって洗ってしまいますが、これは皮膚を傷つける大きな原因になっています。アトピーの人のスキンケアは、汚れの激しいところ以外はぬるめのシャワーで汗を流すだけくらいが一番望ましいのです。ナイロンのボディタオルなどは使わないほうがよいでしょう。

 アトピーの人は、電話をしながらや、何かをしながら皮膚をかく習慣がついてしまっている人が多いようです。これは、徐々に直すしかありません。年単位の長さになってしまいますが、抗ヒスタミン薬や、ひどい場合はステロイドでかゆみを抑え、皮膚をかかない習慣をつけていただかなければなりません。
 またアトピーのお子さんをお持ちのお母さんには、お子さんの爪をいつも短く切っておく気づかいが必要です。

 皮膚の安静を保つためには、手でかかないことと、エアコンが効いている室内や冬場には、皮膚をしっかり保湿する必要があります。 保湿剤について一番肝心なことなのに皆さんが見過ごしがちなのは、保湿剤を塗るタイミングです。「保湿剤を1日2回塗ってください」と言ってお渡しするだけでは、アトピーは一向に治りません。保湿剤は、お風呂上がりの時に、質のよいハンドタオルで水分を拭き取ったか拭き取らないかくらいのタイミングで、たっぷり塗らなければなりません。もちろん気持よいからといってハンドタオルで皮膚をゴシゴシこすってはいけません。ましてや風呂上がりにボーッとしてビールを飲んで、「そうだ、きょうは保湿剤を塗ってなかったな。これから塗ろうか」といった調子では遅すぎるのです。

にきびの症状

にきび

 にきびに一番よく効くのは、炎症を止める抗生物質の内服や軟膏です。
 また長年海外では使われていましたが、日本では許可が下りなかったビタミンA誘導体も最近、日本で認可されてにきび治療に使われるようになりました。
 ビタミンB2やB6は皮膚や粘膜を鍛えてくれますから、皮膚の免疫をアップするために補給するとよいでしょう。フルーツを食べても良いですし、サプリメントもあるでしょう。病院に来れば処方も可能ですから、ご相談いただければと思います。

 ところで、にきびの原因はよくわかっていません。「悪玉のアクネ菌が原因なのだろう」ということが最近わかったくらいです。全身の健康状態と関係しているかもしれません。新しいニキビを出さないようにするために、最低限の薬を使用してどのようにメンテナンスしていくかが問題なのです。
 抗生物質は有効ですが、ずっと飲み続けるには抵抗があります。にきびがひどくなるのはだいたい生理前や睡眠不足、仕事が忙しくて疲れがちの時です。ですから生理日から逆算して1週間前からメリハリを聞かせて抗生物質を飲むという方法もあります。

 私の専門である消化器から考えると、実はニキビと一番関連が強いのは便秘なのではないかと思われます。おなかの中のガスと関係があるのかもしれませんが、便秘がちな方にはニキビで悩んでいらっしゃる方が多いように思うのです。
 花粉症でも、ヨーグルトを食べると腸の粘膜が鍛えられて花粉症に効果があるという研究があるくらいですから、「ビオスリー」という乳酸菌製剤を何カ月か飲んで腸の環境を整えるのも、肌を落ち着かせることにつながると考えられます。
 皮膚科にかかった患者さまの中に、ずっと抗生物質を飲むように指示された方がいらっしゃったのですが、私はその方に便秘に効く漢方薬をおすすめしました。そうすると不思議なことに、残念ながら便秘はよくならなかったのですが、肌の調子がよくなったというケースがありました。

 肩こりを治すための漢方薬を出すと、冷え性が治ったというケースもありました。そうしたこれまでの経験値から、さまざまな治療法をご提案させていただくようにしています。当院のように、皮膚科以外の診療科のあるクリニックのほうがにきびなどの治療法に広がりを持たせることができるかもしれません。


「後医は名医」という言葉があります。

 後からかかったお医者さんほど名医に見えるという意味です。例えば頭痛の症状があるので、1件目の病院にかかってCTを取ったものの問題はなく、頭痛薬をもらったのですが、どんどん頭痛はひどくなってきます。そのうちにこめかみにぽつんとにきびのようなものができてちくちく痛みます。
 そこで2件目の病院に行って診てもらったときに、あまり頭痛のことは患者さまもお話しせず、ただ「この前、山に遊びに行ったんです」と話したら、「それでは虫刺されでしょう」とステロイドの軟膏を出された方がおりました。それでも治らずに症状はひどくなる一方です。
 それで当院のような内科も皮膚科も診るクリニックにかかると、「これは帯状疱疹ですね」と診断されるわけですが、このようなケースの場合、1件目の病院で帯状疱疹を確実に診断するのはやはりとても難しいことだと思います。


症状の原因にはいくつかの可能性があります。

 ではどうすれば患者さまにとって一番いいかというと、最初に患者さまが医者にかかったときからの経過をみていくことが重要なのです。最初の一度で、ベストの提案を行うことはまず難しいです。人間の身体はそのようになっているのです。
 薬を出すにしても、診断的投薬を行います。皮膚科の場合は、ばい菌を退治する薬、カビを退治する薬、ウィルスを退治する薬、保湿のための薬、ビタミンEの軟膏を、5段階の強さの異なるステロイドなどがあり、一番よいと思われる薬から順番に試していき、マメに症状を観察しながら、調合を変えていくという方法もあるのです。
 これは他の診療科でも同様です。風邪薬を飲んでも治らないのであれば、ぜんそくの治療が必要だろう、その薬が効かなければアレルギー性気管支炎かもしれない、それならアレルギーの原因を探る検査をしなければならないという順番で診断をつけていくこともあります。
 ズバリ病名を当てて、あたかも名医であるかのように振る舞うようなことは、私はしません。
 何の症状でもそうなのですが、初期症状の時から通い続けていただきたいのです。そのためにこうしたケースについてお話ししました。

 気になることがございましたら、お気軽にご来院ください。