成人男性対象:風疹抗体検査とワクチン接種

問診票ダウンロードはこちら

風疹の予防接種

昭和54年4月1日以前に生まれた成人男性対象

昭和3742日から昭和5441日までに生まれた男性は、過去に公的な風疹の予防接種を受ける機会がありませんでした。その世代の男性に風疹の抗体がないために、密かに風疹が流行しているという現状があります。風疹にかかってしまうと、ご本人はもちろんご家族にもうつしてしまうというリスクもあります。

重篤化と妊婦さんへうつしてしまうリスクも

成人になってからかかる風疹は重篤化する可能性があります。1週間ほど治るのに時間がかかり、仕事を休まなければならないというリスクを伴います。また、ご家族に妊婦さんがいる場合は要注意です。妊婦さんは風疹の予防接種は受けれません。万が一うつしてしまうと生まれてくる赤ちゃんに先天性風疹症候群(心臓病 白内障 難聴など)という病気が発症する恐れがあるのです。

対象者向けクーポン券のご利用について

今現在、調布市から対象の男性に風疹抗体検査のクーポン券が送付されています。当院で検査を受けて、必要であればワクチンの接種を受けていただけたらと思います。

  • 対象:昭和3742日から昭和5441日までに生まれた男性
  • 持参するもの:住民票のある市町村発行のクーポン券 住所が確認できる証明書(免許証・保険証など)

※クーポン券と住民票が一致する住所であることご確認ください。

クーポン券を受け取ってからの流れ

  1. 医療機関で抗体検査を受ける
  2. 1~2週間で結果が分かる
  3. 抗体が足りないと判明した方は医療機関でワクチンを接種する(無料)

※十分な量の風疹の抗体がある方はワクチンの接種の必要はありません。

有効期限をお確かめ下さい

クーポン券には有効期限があります。お手持ちのクーポン券をお確かめ下さい。

詳しくは、調布市のHPでご確認ください。