問診票ダウンロードはこちら

虫刺され

虫刺され

仙川駅前の虫刺され診療

暑い季節、肌を露出する部分が多くなると起こる虫刺され。 仙川などの河川周辺には水場もあり、また公園や多くの緑地帯のある仙川町周辺も、その自然環境から虫刺されの可能性の高い地域です。 蚊を中心に多くの吸血、毒性のある刺す虫が存在します。 刺されることは避けることはできませんが、可能な限り刺されないよう工夫をしなければなりません。 しかし刺された場合は、その症状に応じて対処を施し、進行を抑えることができればと思います。

また、刺された自覚が無いのに同様の症状が起こる場合もあります。 虫たちは気付かれないよう巧みに刺してきます。 虫刺されか、または他に原因のある皮膚病かもしれません。

マダニのように刺す虫に加え、夏の害虫「やけど虫:アオバアリガタハネカクシ」などはらうなどで潰してしまい体液が皮膚に付着するだけでも水ぶくれなどが起こる虫もあります。 さまざまな虫による皮膚の症状について、虫刺されや虫刺されかも、といった炎症を診療し少しでも楽になるよう治療していければと思っております。

〜〜虫刺されとは〜〜

文字通り虫に刺されることです。刺す虫にとっても目的があります。 栄養を摂るための吸血や毒を注入。防衛のために噛んだり毒を注入するなどです。 蚊やノミのように栄養を摂取するために刺されると、唾液が注入されます。 その唾液の成分に対してアレルギー反応を起こし痛みや痒みを伴う皮膚の炎症を起こします。 またムカデやハチのように毒に対してもアレルギー反応を起こし炎症を起こすという皮膚病です。

〜〜症状について〜〜

明らかに刺された場所を中心に赤く腫れたり、その頂点から出血があったり、水ぶくれなどが現れたりします。 また痛みや痒みを伴い、発疹が現れたりもします。 また蚊に刺された直後などに蕁麻疹のようにハッキリとした盛り上がりのある即時型反応や 刺されてから少し時間が経ち現れる遅延型反応など様々なタイプがあります。 いずれにしても痛みや痒みがあり、それが短期に終わるもののあれな1年近く残るケースもあります。

〜〜虫の種類や症状の種類について〜〜

日常生活に最も潜む虫は蚊やダニを思いつくと思います。 そして山や海に行けばアブやブヨ(ブユ)、ヌカカなど非常に厄介な虫がいます。 ブヨ(ブユ)については刺されると、すぐには症状が現れず時間がたつと炎症が起こってきます。 痒みというより痛みを伴う痒さが長期間続きしかなり辛いものです。 またさされた炎症がそのまましこりとして残る慢性痒疹(まんせいようしん)という症状となり完治に1年近くかかる場合もります。

〜〜子供の虫刺されで注意しなければならないこと〜〜

子供の場合、痒みに対して掻き壊すということがあります。掻き壊し出血しカサブタになる。カザブタ状態でも痒みは変わらずさらに掻き壊し化膿状態が続きます。そして傷口から黄色ブドウ球菌などが広がりとびひなどに発展。化膿した膿の状態が続くとそのとびひはさらに保育所などで広がっていくことにもなります。

〜〜虫刺されの治療〜〜

塗り薬による治療
ステロイド軟膏の塗り薬で炎症を抑えていきます。

>飲み薬による治療
症状によりアレルギー反応を抑えるための抗ヒスタミン薬を処方いたします。さらに症状が重い場合はステロイド内服薬を処方いたします。

漢方による治療
従来の西洋薬による処方に体が合わない、抵抗感のある方があるという患者さまには当クリニック漢方内科での処方をいたします。漢方薬のみ、西洋薬・漢方薬との併用など、患者さまのお身体の負担を下げる処方を心がけております。