問診票ダウンロードはこちら

爪白癬(爪の水虫)

 

爪の水虫と言われる爪白癬

爪白癬とは

白癬菌というカビの一種が爪に感染して繁殖する爪の水虫のことをいいます。

爪白癬の原因や症状、対策

原因:足にできた白癬を放置することで感染しおこる
症状:爪が白く濁る・剥がれる・変形・ぶ厚くなる・痒み痛みといった症状がない
対策:足の清潔を保つ・きちんと乾かす

広がりやすい白癬菌

爪白癬など白癬菌の症状を放置しておくと、いんきんたむし(股部白癬)・しらくも(頭部白癬)・ぜにたむし(体部白癬)といった体にも別の感染をひきおこします。また、生活を共にするご家族への感染のリスクもありますので、気になる症状がありましたら一度受診されたらと思います。


皮膚病の種類


当クリニックの診療科目