問診票ダウンロードはこちら

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手のひらや足の裏に

症状名にもありますように、手のひらや足の裏に水ぶくれやうみができる病気です。
菌性のものではありませんので、人に感染することはありませんが、何度も繰り返し発症するという特性があります。

症状

菌性のものではありません

かゆみを伴う小さい水ぶくれができ、その後乾いて茶色のようなかさぶたができ、剥がれ落ちます。
水虫の症状とにていますが、菌性のものではないため、治療方法が違います。
症状がひどくなると、鎖骨や関節の痛みを引き起こすこともあります。

原因

不明ですが、中高年の喫煙者に多く見られます。
歯周病や慢性扁桃炎も原因と考えられています。

対策

不治の病ではありません

長年悩まれている方もいらっしゃいますが、不治の病いではありません。
それぞれの症状にあった治療をいたしますので、あきらめずにまずはご相談ください。


皮膚病の種類


当クリニックの診療科目