問診票ダウンロードはこちら

肌あれ

 

顔だけではなく体にも

季節の変わり目などに肌あれをおこしやすいですね。ファンデーションがうまくのらなくて気分がおちこむなどといったお悩みをよく耳にします。肌あれといってもさまざまな症状があり、季節に関係なくおこりえます。

肌あれというと顔に現れる症状をイメージしますが、それ以外の体の部分でもおこります。

肌荒れの症状・原因・対策について

症状

・乾燥する(かさつき、粉をふく)
・かゆみ
・赤み
・ひりひりする
・にきび・ふきでもの(炎症が強い場合)

原因

・皮膚の水分量の低下(秋から冬にかけてが多い・特に高齢者)
・洗いすぎ
・化粧品
・不衛生なメイクアップ用道具
・シャンプー・毛染めなど
・生活習慣
・偏った食事(ダイエット中など)
・生理前後・妊娠中
・紫外線
・運動不足
・ストレス・疲れ

対策

・清潔なメイクアップ用道具を使用する
・肌にあった化粧品などを使用する
・規則正しい生活
・バランスのとれた食事

肌あれと思っていても、実はアトピー性皮膚炎だったり化粧かぶれということも考えられます。判断にお困りの際は、受診されてみたらと思います。

 


皮膚病の種類


当クリニックの診療科目