問診票ダウンロードはこちら

ウイルス性の病気(風しん、はしか)

近年は成人も

風しんやはしかといえば、子供にかかる感染症というイメージがありますが、近年では成人でも発症する方が増えています。

発症時期・潜伏期間

風しん 

冬〜初夏 約2〜3週間

はしか 

冬の終わり〜春 10日程度

感染率の高いはしか

原因

他の人からの感染
はしかの感染率は高く、ほとんどが発病します。
風疹の場合は、感染しても症状がでないこともあります。

合併症の心配も

症状

風しん

発熱・発疹(全身)・後頭部、頸部、耳の後ろなどにあるリンパ節が腫れることがあります。
約1週間でよくなりますが、まれに合併症を引き起こすことがあります。

はしか

発熱、鼻水、咳とかぜとよく似た症状がでて、その後高熱がでて発疹もでます。
肺炎や中耳炎といった合併症を起こしやすく、まれに脳炎を発症することもあります。

対策

ワクチンの接種
妊婦が感染すると、胎児に影響がでる可能性がありますので、ご相談ください。
発症した場合は、発熱にともなう汗で水分が奪われますので、こまめな水分補給が必要です。
発熱があるので、少しでも楽にするために頭部を冷やしましょう。
室温を保ち(20〜25度)、時々換気をしましょう。


皮膚病の種類


当クリニックの診療科目