脱水症

問診票ダウンロードはこちら

仙川駅前すずきクリニックの脱水症対策

脱水症は、体液のバランスが崩れておこります。よく脱水症状といえば、夏に炎天下の運動の時におこる症状のように思われがちです。しかし、日常においてもおこりやすい症状であるのです。例えば、入浴後や、高齢者がクーラーのない部屋で過ごしていてもおこりえます。

脱水症の症状

  • 喉が渇く
  • 尿の量が減る
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 嘔吐
  • 意識障害
  • 尿酸値が高まり痛風発作を引き起こす
  • 血液がドロドロになり、血栓ができやすくなる

 

対策

  • 水やお茶、スポーツドリンクなどの水分をこまめにとる(アルコールは利尿作用を促すので適しない)
  • 塩飴などをなめる
  • 暑い日は上手にエアコンを利用する
  • 日中の外出時に、帽子や日傘を使用する
  • 衣類で調整する(吸汗、速乾性のあるもの)
  • 就寝前や明け方にエアコンで室温を調整する
  • 意識がない場合は、病院で点滴などの処置を

 

脱水症状を引き起こしている方がいる時の注意点

もし周りにいる方で脱水症状を引き起こしている方がいたら、以下のことに注意して対応してください。

  • まず意識があるかどうかの確認をしてください。意識がなければ救急車を呼んでください。救急車を待っている間、涼しい場所へ移動させ、衣服をゆるめて体を冷して下さい。(首、脇の下、足の付け根)
  • 意識がある場合も涼しい場所へ移動させ、服をゆるめて体を冷やしてください。(首、脇の下、足の付け根)
  • 水分を自力で取れるようなら水分や塩分を補給してください。
  • しばらくして症状が改善したようなら、そのまま安静にして十分な休息を取りましょう。
  • 脱水症でも、後遺症が出る場合がありますので、念のため病院へ相談された方がいいかもしれません。

 

仙川駅前すずきクリニックでも脱水症の治療について、受診対応を心がけております。


症状の種類


当クリニックの診療科目