問診票ダウンロードはこちら

インフルエンザ

仙川駅前すずきクリニック インフルエンザ治療

ウィルス感染

インフルエンザは、ウィルスに感染して起こります。普通の風邪よりも感染力は強く、症状も重いです。通常、冬に流行ることが多いですが、近年では暖かくなり始めた時期にでも発症することが多くなってきました。

3種類の型

インフルエンザウィルスには、3種類あります。人によったら、同じ時期に再度発症し、調べてみたら型の違うインフルエンザだったということもあります。

  • A型(ソ連型・香港型)
  • B型
  • C型

 

原因

感染した人のくしゃみや咳によってウィルスが飛び散り、それを吸い込むことで感染します。また、発症した人が咳・くしゃみなどによりウィルスが付着した手などで触ったものからの感染(接触感染)があります。

症状

  • 頭痛
  • 発熱(39度以上)
  • 悪寒
  • 関節痛、筋肉痛
  • 目の充血
  • 全身の倦怠感
  • 喉の痛み

 

対策

  • うがい、手洗い
  • マスクの着用
  • ワクチンの接種
  • 室内の湿度を保つ
  • 人ごみは避ける
  • 規則正しい生活
  • バランスのよい食事
  • 脱水症状を予防するためにも水分を十分にとる

合併症も引き起こす

合併症(インフルエンザ脳症、肺炎、気管支炎、中耳炎)を併発することもあり、重症化することがあります。お年寄りや、お子様、免疫力がおちている方などは、重症化する恐れがあります。周りにインフルエンザを発症した方がいたり、少しでもおかしいなと感じたら早めにご相談ください。


症状の種類


当クリニックの診療科目