問診票ダウンロードはこちら

メタボリックシンドローム

内臓脂肪症候群・代謝症候群

2006年に流行語に選出されたように、その頃からメタボリックシンドロームという言葉をよく耳にするようになりました。
健康意識の高まりもその頃から見られるようになりました。
メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」「代謝症候群」とも呼ばれています。おなかの中に過剰に脂肪が蓄積された結果、危険性の高い病気を引き起こす、ほっておけない疾患です。


内臓脂肪の多い方が、高血圧や高脂血症、高血糖といった危険因子を持っていると、以下のような疾患にかかるリスクが高いのです。

・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞
・末梢動脈疾患

これらの疾患には、内臓脂肪の影響があります。

診断基準

メタボリックシンドロームであるという診断基準は、以下の4項目あります。
ウエストサイズが診断基準以上で、それ以外の3項目で2つ以上該当するとメタボリックシンドロームと診断されます。

ウエストサイズ

 男性 85cm以上
 女性 90cm以上

中性脂肪値、HDLコレステロール値(脂質異常かどうか)

 中性脂肪値 150mg/dl以上 または
 HDLコレステロール値 40mg/dl未満

血圧(高血圧かどうか)

 最高血圧 130mmHg以上
 最低血圧  85mmHg以上

血糖値(高血糖かどうか)

110mg/dl以上(空腹時)

原因

・過食
・運動不足
・ストレス など

内臓脂肪を減らそう

対策

・食事の改善
・無理のない運動を取り入れる
・禁煙

健康的な生活を送るために

健康診断などで、メタボリックシンドロームと診断されたり、予備軍と診断された方は、ご相談ください。


症状の種類


当クリニックの診療科目