問診票ダウンロードはこちら

甲状腺の病気 ( バセドウ病、甲状腺機能低下症、橋本病 )

自己免疫疾患

甲状腺は、喉にありホルモンを作っている臓器です。そのホルモンは、甲状腺ホルモンと呼ばれ、
体の新陳代謝を調整しています。
甲状腺の働きに異常があると、さまざまな症状が現れます。男性よりも女性の方が発症率が高い傾向にあります。
甲状腺の機能を正常にするために、症状によっては薬事療法や手術といった方法がありますが、
まずは症状の確認が必要です。ご自分にあてはまる症状がある場合、悩まずに一度ご相談いただければと思います。

バセドウ病

さまざまな病気を引き起こす可能性も

本来自分の体を守るための免疫が、自分の甲状腺に異常に反応してしまい起こる自己免疫疾患です。
この疾患に伴い、心臓病や高血糖などさまざまな病気が引き起こされる可能性があります。

原因

・遺伝的な体質
・ストレス
・出産を機におこる

症状

・手の震え
・食欲増加
・発汗
・暑がり
・動悸
・体重減少
・疲れやすい
・目が飛び出す
・まぶたの腫れ

対策

・規則正しい生活
・体に負担のかかる作業は極力避ける
・ストレスを溜めないようにする
・激しい運動は避ける
・禁煙をこころがける
・飲酒を控える

甲状腺機能低下症

甲状腺の機能の低下により起こります。
橋本病になっている約5人に一人の割合でこの病気を患っていらっしゃいます。
うつのような精神状態があることから、うつだと思い診療内科で受診される方もいるようです。

原因ははっきりしない

まれに、下垂体に原因があることがありますが、原因ははっきりとはしていません。

症状

・軽度の時期には自覚症状がない
・甲状腺の腫れ
・食欲がなくなる
・倦怠感
・冷え性
・むくみやすい
・体重増加
・もの忘れ
・便秘
・皮膚がかさかさする

ヨードは甲状腺の機能が低下してしまう

対策

海藻類などに含まれるヨード(ヨウ素)を摂り過ぎない。
ヨウ素を含むうがい薬の使用は控える。
定期的な通院で検査を受けられたらと思います。

橋本病

甲状腺機能低下症の一種です。
本来自分の体を守るための免疫が、甲状腺を攻撃してしまうことにより甲状腺の機能が低下して発症します。

決定的な原因は不明

原因

・遺伝的な体質
・過剰なストレス
・妊娠や出産 など

症状

・軽度の時期には自覚症状がない
・首の腫れ
・むくみ
・体重増加
・もの忘れ
・手の震え
・動悸
・体重減少
・汗かき
・暑がり

再発を防ぐためにも検査も

対策

海藻類などに含まれるヨード(ヨウ素)を摂り過ぎない。
ヨウ素を含むうがい薬の使用は控える。
バランスの良い規則正しい食事をする。
激しい運動は避ける。
定期的な通院で検査を受けられたらと思います。


症状の種類


当クリニックの診療科目