問診票ダウンロードはこちら

アトピー

症状はさまざま

お子様の体質(遺伝)や、環境的な要因によって様々なアレルギー症状が現れます。アレルギーであると確定できない症状もあり、判断に困ることもあるかと思います。お子様にアレルギー、またはそれに似た症状がある保護者の方は、遠慮なくご相談ください。

アレルゲン(アレルギーの原因)により、現れる症状

 

年齢別でみる主に現れる症状の特徴

乳児期(0〜2歳)
  • 消化系    ・・ 下痢、嘔吐 など
  • 皮膚系    ・・ 湿疹、じんましん など
  • 呼吸器系 ・・ せき、ぜんそく など

 

乳児期は、発育途中にあるため、原因の特定がむずかしく、慎重に判断しなければなりません。夏などの暑い時期は、あせもなのか、アレルギー反応でできた湿疹かどうかの区別がむずかしいです。また、食物アレルギーによるアトピー性皮膚炎の可能性もあるのです。

幼児期(2〜6歳)

呼吸器系 ・・ せき、ぜんそく

幼児期は、乳児期に比べて、体の発達にともないアレルギーの症状が改善したり、治ることもあります。ただ、アトピー素因を持った子供は、どんな症状が現れるかわかりません。

アトピー素因

アレルギーを引き起こすIgE(アイ・ジー・イー)という抗体を多く持つアレルギー体質を、アトピー素因といいます。それを持った子供は、アレルギー疾患を発症する傾向があります。つまり、乳児期にアレルギー症状を発症した場合、成長してからまた形を変えて別の症状が現れるという可能性もあるのです。アトピー素因を持っているからといって、すべての人に同じ症状が現れるわけではありません。

環境的要因

アレルギーの症状がでる原因に、環境が影響することがあります。アレルギー反応を引き起こさないように、環境を整えておくことも大切です。

  • ダニ
  • ホコリ
  • 室内外の温度差
  • 動物の毛
  • カビ
  • 花粉
  • 汗 など

 


当クリニックの診療科目