問診票ダウンロードはこちら

夏かぜ

ウィルスの型の違いで症状もいろいろ

子供の夏風邪で多いのが、
ヘルパンギーナ(急性のウィルス性咽頭炎)
手足口病
咽頭結膜熱(プール熱)です。
それぞれ原因となるウィルスの型が違います。6月から8月にかけて流行する傾向にあります。風邪の症状が出たら、早めに受診し重症化しないように心がけましょう。

ヘルパンギーナ

原因

  • コクサッキーウィルス、エコーウィルスに感染し発症
  • 咳やくしゃみ、便から排泄されたウィルスによって感染
  • 6月から7月にかけて流行する

 

症状

  • 急な高熱
  • 口の中に水疱や潰瘍ができる
  • 口の中の痛みで食べれない、飲めない、脱水症状
  • 全身の倦怠感
  • 嘔吐

 

対策

  • こまめな手洗い(症状がおちついても1ヶ月ほどは続けてください)
  • タオルなどの共有はしない
  • 人に向けてくしゃみをしない
  • 咳がひどい時はマスクを使用する
  • 水分を十分にとり、安静
  • おかゆ、うどんなどの食べやすい食事をとる

 


当クリニックの診療科目