問診票ダウンロードはこちら

消化器科

仙川駅前すずきクリニックの消化器科


こんな症状はご相談ください。

胃痛 胃のもたれ (胃炎.胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎) ゲップがよく出る 胸やけ(がする) 便潜血 ピロリ菌検査 貧血


胃腸炎(下痢や嘔吐)

 夏場によくかかるようなウイルス性の下痢の場合は、ウィルスをやっつける特効薬は残念ながらありません。胃腸も休めてあげて、回復するのを待ちましょう。

 「お腹を下してしまったら、栄養のあるものを食べて体力をつけなければならない」と考えるのはまちがいです。身体が弱っているときは、胃や腸も同じように疲れて悲鳴を上げている状態です。そんなときに栄養のある消化の悪いもの食べるのは逆効果ですから、そうした悪循環は断たなければなりません。普通の若い方であれば、2食くらい抜いたほうがよいでしょう。調子が回復してくるとおなかが鳴って、治ったことを知らせてくれます。様子を見ながら徐々に消化のよいものから、胃腸に調子を聞きながら食べ始めるとよいでしょう。
 胃や腸は目に見えないので疲れがあまり意識されませんが、弱っているときは休めてあげることとか一番大切なのです。

 また胃腸炎になったときに、脱水症状を恐れて水やお茶をたくさん飲む方もいらっしゃいますが、これらは消化吸収が悪いのでやはり逆効果です。糖分・塩分・水分をバランスよく摂取することが大切です。ポカリスエットやアクエリアスといった電解質と糖分をバランスよく含んだものを、冷やさずに少しずつ飲むとよいでしょう。

 慢性的にゲップが出るとか胸やけがするといった症状の人も増えてきています。現代人はとても忙しく、夜まで働いていて、11時ごろコンビニで出来合いの惣菜を買って帰って、食べたらすぐ寝てしまうという習慣の人が少なくありません。これは一番胃にこたえる生活パターンです。
 身体を休めたいのであれば、同じように胃腸も休みたいはずなのに、なぜか「胃腸は寝てる間も働き続けるに違いない」と思い込んでいる人が多すぎます。日常的に意識してかわいがってあげるように心がけるとよいと思います。


消化器は目に見えない臓器です。

 症状が現れるのは、頑張っている器官の能力の限界を超えてからのことです。そうなってからしか、皆さん気がつきません。
 消化器もみなさんの身体の一部なのですから、普段からケアするよう心掛けましょう。